添加物に注意

ドッグフードの添加物も注意しなければいけないポイントになります。人間が食べる食べ物の添加物と比べるとドッグフードはほとんど規制されていないので、安価な添加物がたくさん含まれている可能性が高いです。犬にとって好ましくない添加物を与え続けてしまうと人間と同じように犬も病気になってしまいますので、できるだけ添加物が含まれていないドッグフードを与えてあげましょう。

ドッグフードの現状を考えてみるとどうしても長持ちさせるために様々な添加物が含まれているのが現実です。また酸化やカビの発生を防ぐために酸化防止剤なども豊富に含まれていることもあります。ドッグフードを販売している企業の利益のために様々な添加物が含まれていて、その添加物を犬に与えてしまうのはとてももったいないことです。そうしないためにもできるだけ添加物が含まれていないものを与えるようにしましょう。

酸化防止剤で危険なのは強い抗酸化作用を持つエトキシキン、人間の食べ物にも含まれていることがあるBHA、ガンを誘発する恐れがあると言われているBHTなどがあります。また着色料にも注意が必要で、赤色◯◯号、青色◯◯号などと書いてあるものは特に注意してください。これらの成分が含まれていると犬でもアレルギー症状が出てしまう可能性が十分考えられます。

参考サイト→無添加ドッグフードのカナガン